疑問だらけのマリンアクアリウム

マリンアクアの疑問点はここで解消!

オーバーフロー水槽のメリット・デメリット

time 2016/12/25

こんにちは。ジョージです。

今年の8月にオーバーフロー水槽を購入して、はや4か月が経過しました。

長年続けてきたアクアリウムの世界ですが、オーバーフローシステムを使うのはこれが初めてでした。

自分なりに使用して感じたオーバーフロー水槽のメリット・デメリットについて話たいと思います。

今後オーバーフローシステムを考えておられる方の参考になれば幸いです。

まず私が使っているオーバーフロー水槽はこれです。

関連ページはこちら
オーバーフロー水槽セットがお得なのか考えてみた
オーバーフロー水槽を立ち上げてみた

オーバーフロー水槽のメリット

・水量の確保による水質の安定(水槽の約1.3倍の水量)
・濾過量の増加によるろ過量のアップ
・水量・ろ過量アップにより水替えの周期が長くなる
・ヒーターやスキマーをサンプに設置できるため水槽の景観がすっきりする(ただしフロー菅は有り)
・水槽上部が空くため、照明を多数設置できる
・落水時に空気と触れるため水中に酸素が取り込みやすい
・ウールボックスがあるため、ウールの洗浄がしやすい
・一時的に濾過槽に魚を隔離することができる
私の体感的にはこのようなメリットを感じました。
実際に使ってみて外部フィルターと比べ物にならないくらいのろ過量とポンプの流量があります。




オーバーフロー水槽のデメリット

・システムが高価
・設置に時間がかかる
・水量が多いため重量が重い(床の補強が必要な場合も有り)
・移動が困難

これが私の感じたデメリットですが、私の場合は移動も床の補強もしていません。

設置に時間がかかりましたが、立ち上げはアクアリストにとって最も楽しい瞬間だと思っています。

落水音がうるさいと言われる方もいますが、私は寝室に設置していませんので一切気になりませんでした。

ですから、私にとっては高価という点以外はあまりデメリットに感じていません。

現在のところはこのようなメリット・デメリットを感じてました。

海水・サンゴを飼育するという面では圧倒的に飼育しやくすなりました。

また、使用して感じたことがあればレポートしたいと思います。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村


海水魚 ブログランキングへ







down

コメントする




ポケット図鑑

管理人について

管理人のジョージです。
33歳で滋賀県在住です。
これまでは淡水のアピストをメインにやってきましたが、数年前からマリンアクアリウムのカラフルな美しさにハマりました。
海水の経験も浅く、失敗も多いですが、これから勉強していきたいと思っています。
ブログのコメント大歓迎です。気軽にコメント下さい。

Count per Day

  • 23311総閲覧数:
  • 19今日の閲覧数:
  • 161昨日の閲覧数:
  • 11069総訪問者数:
  • 17今日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: