ベラ図鑑

どうも。ジョージです。

今年もいよいよあと1日で終わりですね。

終わりよければすべて良しということで、明日1日頑張って来年に繋げて行きましょう。

今年最後の更新になると思いますが、今日はベラ系の図鑑を作っていきます。

ベラってどんな魚?


ベラの仲間は様々な環境の海に生息しており多様性に富んでいる種類です。
食性は雑食性で何でもよく食べる種類が多く、釣りの世界では餌取りをされるので外道として扱われることが多いですが、その美しさは目を見張るものがあります。
水質にもうるさくないため飼育しやすく、低価格の種類も多いことから初心者にもおススメできる種族と言えます。
釣りの世界では、外道として扱わる本種ですが、アクアリウムの世界では水槽の主役として魅力的な種族です。



ツユベラ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ツユベラ 幼体 3〜5cm
価格:1112円(税込、送料別) (2017/12/30時点)

 

【学名】 Coris gaimard
【最大全長】 30センチ
【温度】 24度前後
【餌】 人工飼料・冷凍エサ
【混泳】 甲殻類とは不可
【サンゴとの飼育】 適
【価格】 1,000~3,000円
【飼育難易度】 ★★☆☆☆
幼魚期はオレンジ色の体色をしていますが、成魚になるとブルーの斑点が全身を覆うなど全くことなる発色になります。
成長による色彩変化を楽しむのも本種の楽しみと言えます。

インディアンカナリーラス

 

【学名】 Halichoeres chrysus
【最大全長】 12センチ
【温度】 24度前後
【餌】 人工飼料・冷凍エサ
【混泳】 基本的に可
【サンゴとの飼育】 適
【価格】 1,000~3,000円
【飼育難易度】 ★★☆☆☆
インド洋を中心に生息するベラ類で、鮮やかな黄色と白のコントラストが非常に美しい種類です。雑食性で飼育し易い上、性格も荒くないので、あらゆる魚種との混泳が可能です。眠ったり、危険を感じた時は砂に潜る性質があります。

カザリキュウセン

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

c8 カザリキュウセン(ベラ) オス 約 10.5cm/
価格:2160円(税込、送料別) (2017/12/30時点)

【学名】 Halichoeres melanurus
【最大全長】 12センチ
【温度】 24度前後
【餌】 人工飼料・冷凍エサ
【混泳】 基本的に可
【サンゴとの飼育】 適
【価格】 2,000~3,000円
【飼育難易度】 ★★☆☆☆

成長にともなう色彩変化が著しい種類です。雄は頭部から体側に赤色縦帯が伸び、頬で湾曲し鰓蓋後端で他の線とつながります。背鰭・臀鰭・尾鰭にも赤色帯。雌や幼魚は体側に数本の青色縦帯、背鰭や尾柄部に眼状斑が特徴です。

キューバンホグフィッシュ

 

【学名】 Bodianus pulchellus
【最大全長】 15センチ
【温度】 24度前後
【餌】 人工飼料・冷凍エサ
【混泳】 基本的に可
【サンゴとの飼育】 適
【価格】 7,000~10,000円
【飼育難易度】 ★★★☆☆

頭部から尻びれにかけて赤く染まり、尾びれが黄色に染まる美種です。入荷量は比較的少ないことから価格は若干高めとなっています。

クギベラ

 

【学名】 Gomphosus varius
【最大全長】 25センチ
【温度】 24度前後
【餌】 人工飼料・冷凍エサ
【混泳】 基本的に可
【サンゴとの飼育】 適
【価格】 2,000~4,000円
【飼育難易度】 ★★☆☆☆

成魚は吻が付き出してユニークな顔つきになるベラの仲間です。オスは全身青色に染まるが、メスは黒っぽい体色となり、雌雄の体色差が大きい種類です。
よく泳ぎ回ることから、飼育には広めの水槽が必要となります。

オセレイトラス

 

【学名】 Cirrhilabrus lineatus
【最大全長】 12センチ
【温度】 24度前後
【餌】 人工飼料・冷凍エサ
【混泳】 基本的に可
【サンゴとの飼育】 適
【価格】 7,000~30,000円
【飼育難易度】 ★★★☆☆

比較的深い水深に生息する一種で、入荷量が少なく価格は高めです。丈夫な種類であり飼育しやすい種類です。

コガネキュウセン

 

【学名】 Halichoeres chrysus
【最大全長】 12センチ
【温度】 24度前後
【餌】 人工飼料・冷凍エサ
【混泳】 基本的に可
【サンゴとの飼育】 適
【価格】 1,000~3,000円
【飼育難易度】 ★★☆☆☆

鮮やかな黄色が美しいベラの仲間です。フレークフード等の人工飼料にも餌付きやすく、性質も温和で飼いやすい種類です。本種も砂に潜る性質があります。オスになると頭部にグリーンの模様が出てきます。

タコベラ

 

【学名】 Oxycheilinus bimaculatus
【最大全長】 12センチ
【温度】 24度前後
【餌】 人工飼料・冷凍エサ
【混泳】 基本的に可
【サンゴとの飼育】 適
【価格】 1,000~3,000円
【飼育難易度】 ★★☆☆☆

ホンソメワケベラ

 

【学名】 Labroides dimidiatus
【最大全長】 12センチ
【温度】 24度前後
【餌】 人工飼料・冷凍エサ
【混泳】 基本的に可
【サンゴとの飼育】 適
【価格】 500~2,000円
【飼育難易度】 ★★★★☆

ピーチクリーナーラス

【学名】 Labroides rubrolabiatus
【最大全長】 12センチ
【温度】 24度前後
【餌】 人工飼料・冷凍エサ
【混泳】 基本的に可
【サンゴとの飼育】 適
【価格】 5,000~7,000円
【飼育難易度】 ★★☆☆☆

ケサガケベラ

 

【学名】 Bodianus mesothorax
【最大全長】 20センチ
【温度】 24度前後
【餌】 人工飼料・冷凍エサ
【混泳】 基本的に可
【サンゴとの飼育】 適
【価格】 1,000~3,000円
【飼育難易度】 ★★★☆☆

最後まで「疑問だらけのマリンアクアリウム」を読んで頂きありがとうございました。

ポチって頂けると励みになります。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

海水魚 ブログランキングへ







Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*