疑問だらけのマリンアクアリウム

マリンアクアの疑問点はここで解消!

琵琶湖博物館に行ってきた

time 2016/11/05

琵琶湖博物館に行ってきた

こんにちは。ジョージです。

数年ぶりに琵琶湖博物館に行ってきました。

今年の7月14日にリニューアルオープンして、早く行きたかったのですがなかなか行けずようやく行ってきました。

003.JPG

琵琶湖博物館は、琵琶湖のことだけなく滋賀県全体の自然や歴史、文化について展示されています。

順路どおりに見て行けば、琵琶湖の成り立ちから滋賀県の自然まで理解することができます。

琵琶湖博物館の基本情報を書いておきます。

場所 滋賀県草津市下物町1091番地
入場料 大人750円 子供400円(入館すれば駐車場は無料)
営業時間 9時30分~17時00分
休館日 毎週月曜日

玄関の様子

004.JPG

現在は琵琶博カルタという展示をしていました。

9月17日から来年1月31日まで展示しているみたいです。

006.JPG

研究員、学芸員さんが滋賀県の文化や研究内容を1枚のカルタにまとめています。

全部読むとこれだけで滋賀県のことがよくわかるかも。

次は滋賀県の岩石ゾーン

008.JPG

009.JPG

昔、理科で習ったような岩石の名前があります。

子供さんと一緒に行けば、ちょうど理科の勉強になりますよ!

続いて、化石標本ゾーン

013.JPG

大昔は、滋賀県にもゾウとかワニがいたらしいですよ!

滋賀県でもゾウの化石とか見つかっているみたいです。

夢がありますね!

続いて滋賀県の民族ゾーン

015.JPG

昔、琵琶湖では丸子船という船で木材とかを運んでいたそうです。

丸子船が再現されていて、意外な大きさに驚きます。

子供の自由研究なんかのお手本になるフロアです。

次はアクア民お待ちかねの水槽ゾーンです。

先に行っておきます。地味です。派手な魚を期待して行かないように!

琵琶湖の魚の展示がメインなので地味な魚ばかりです。

でも、琵琶湖には琵琶湖にしか生息しない固有種がたくさんおります。

ビワコオオナマズなんかは、大きさに迫力をかんじますよ!

水中トンネルゾーン
017a.jpg

見つけたら幸せになれるかも!?

黄金のイワトコナマズ

025.JPG

アユ乱舞

030.JPG

カジカのおっさん

035.JPG

普通のナマズ!!!

043.JPG

他に研究施設なので、繁殖に力を入れておられます。

046.JPG

そして今回のリニューアルオープンの目玉バイカルゾーン

琵琶湖は世界で有数の古代湖です。

遠い昔、琵琶湖は三重県にあったと考えられています。

それが近く変動で移動して、現在の滋賀県にやってきたそうです。

同じくロシアにある古代湖との比較ということでバイカル湖の魚たちが飼われています。

バイカル湖の魚が見れるのは日本で琵琶湖博物館だけだそうです。

そして目玉のバイカルアザラシ

048.JPG

かわいい!めっちゃ丸っこいです。

記念撮影していた女の子の後ろでう○こしていました。

よい記念ですね。

みなさんもバイカルアザラシに会いに滋賀県に来てくださいね!

隣には水生植物園もありますし、琵琶湖のほとりに立っていますので、晴れた日はすごく気持ちいいところですよ!

今日は、琵琶湖博物館レポでした。

ありがとうございました。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村


海水魚 ブログランキングへ







down

コメントする




ポケット図鑑

管理人について

管理人のジョージです。
33歳で滋賀県在住です。
これまでは淡水のアピストをメインにやってきましたが、数年前からマリンアクアリウムのカラフルな美しさにハマりました。
海水の経験も浅く、失敗も多いですが、これから勉強していきたいと思っています。
ブログのコメント大歓迎です。気軽にコメント下さい。

Count per Day

  • 23894総閲覧数:
  • 101今日の閲覧数:
  • 120昨日の閲覧数:
  • 11372総訪問者数:
  • 65今日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: