疑問だらけのマリンアクアリウム

マリンアクアの疑問点はここで解消!

こんにちは。ジョージです。

今日は水槽に現れる厄介者「通称カーリー」を退治することにしました。

ライブロック数個を入れた30センチキューブ水槽(通称サブ水槽)で、

ゴールドスペックジョーフィッシュ1匹
アミメハギ?2匹

を飼育中です。

この水槽には、あまり手を加えずに飼っているのですが、いつの間にかカーリーが猛威ふるっております。

カーリーについて調べてみると、

・和名で「セイタカイソギンチャク」、学名でAiptasia sp
・サンゴと同じく、体内に褐虫藻を取り込んでおり、光合成と捕食で育つ
・刺胞毒が強い
・繁殖力が強い
・ちぎれても直ぐに再生する
・身の危険を感じると胞子を飛ばして繁殖する
・毒性が強いので、回りのサンゴをダメにする
・魚には特に害はない

等々、一言でいえば厄介者です。

海水を始めたころは、「おっライブロックからサンゴが生えてきたぞ。ラッキー」と思っていました。

今から思えばめでたい人でした汗

サンゴについて勉強していく内に悪い奴だとわかりました。

こんな奴はとっとと駆除してしまいましょう。

カーリーを駆除する方法について調べてみると

①ライブロックごと取り出す
②ハンダゴテで焼く
③ペパーミントシュリンプに食べさせる
④専用薬剤を使用して駆除する

などの方法が有効なようです。

しかし、現実的には

①はもったいないと思ってしまう。他のサンゴも付着している
②はハンダゴテを持ってない、焼き残しから復活する可能性がある
③は食べつくすと、他のサンゴを食す可能性がある
④は他のサンゴに害を及ぼす可能性がある

などどの方法も何かしらのデメリットがあります。

しかし、④の説明書きを見てみると、

サンゴや水質、魚には全く影響がないとのことなので、今回は④の専用薬剤による駆除をしてみようと思います。

そうと決まれば、ネットで購入です。

今回は定評のあるこれを買いました。

187.JPG

アイプタシアXです

中を開けると

189.JPG

ボトル、注射器、真っ直ぐな針と先の曲がった針が1本ずつセットになっています。

注意書きにはしっかりと無害であることが主張されています。

aiputashia.jpg

そして対象となる水槽の現状はこんな感じです。

107.JPG

中央にいる、奴です。カーリーが中央で猛威をふるっております。

191.JPG

アイプタシアXのボトルを開けると、薄紫色の液体が入っております。

これを注射器でチューっと吸って、直接カーリーに吹きつけます。

実際吹きつけてみると、アイプタシアXは水中でモワモワっと一瞬固形のようになります。

そして、カーリーはと言うと、ビクッと動いた後縮んでいきます。

さらに吹きかけて、アイタプシアで埋めるようにします。

192.JPG

白くなっているところが、アイプタシアXをかけたカーリーです。

一瞬でなくなりました。

小さいカーリーなら一瞬でなくなります。

大きく育ったものでも、2回吹きかければ駆除できると思います。

本来であれば、15分後に吸い出すのが良いみたいですが、私の場合はそのまま放置しました。

カーリーは綺麗さっぱりなくなりました。

イェイ!!

しかも、説明書きのとおり、魚や他のサンゴには全く異常ありません。

かけたことはありませんが、イソギンチャクに近い仲間のマメスナやイエローポリプなんかだと、ダメになってしまうかもしれませんね。

カーリーに困っている方は、アイプタシアXオススメです。

以上、厄介者の駆除でした。

今後はペパーミントシュリンプも入れてみたいです。

ありがとうございました。

応援お願いします↓

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村


海水魚 ブログランキングへ







down

コメントする




ポケット図鑑

管理人について

管理人のジョージです。
33歳で滋賀県在住です。
これまでは淡水のアピストをメインにやってきましたが、数年前からマリンアクアリウムのカラフルな美しさにハマりました。
海水の経験も浅く、失敗も多いですが、これから勉強していきたいと思っています。
ブログのコメント大歓迎です。気軽にコメント下さい。

Count per Day

  • 23311総閲覧数:
  • 19今日の閲覧数:
  • 161昨日の閲覧数:
  • 11069総訪問者数:
  • 17今日の訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数: